様々な情報を発信

青木宏之は不動産会社に勤務していて、不動産ブログというタイトルを付けて記事を投稿しています。そして、ブログタイトルの説明には自社の名前を埋入していることから、青木宏之が自身のブログに対するスタンスは公的なもの、企業の人間としての立場を取るというところがわかります。
ですから、様々な情報を発信できるブログという個人メディアの中でも特に、企業の広告塔として、そして、ビジネスパーソンとして、ブログを更新して発信していることがわかります。この点も相まって、青木宏之のブログには不要な情報はないといっても過言ではありません。
必ず、目を通してくれた誰かのためになる情報が掲載されているのは、ある種のプロ根性がある人だという人物像が見えてくる要素です。

例えば、最近の頂きものを取り上げるとしても、単純に何かを頂いたという情報を掲載するだけにはとどまりません。その製品がどれだけ貴重なもので、どんな意味があるものなのかを明瞭に語ってくれます。それによって、記事に出会った読者がいただきものについての情報を知り、また他の誰かに対する贈答品として使えるだけの情報を提供しています。
爪楊枝という製品はありふれたものですが、その製品がいかに貴重な製品で、毎日の生活にどうやって楽しみを提供してくれるのか、青木宏之自身が自分で気づいた喜びや楽しみをブログで教えてくれます。
日常にありふれているもの中でもすばらしさを伝えられる青木宏之のブログには、読者に対してなにかしらのメッセージ性を含めた情報があります。不動産のことにかぎらず、人生において何かの形で役立つ情報を提供してくれる点は、不動産会社の看板を掲げてブログを更新する公的な人として、高い意識を持っていると伝わってくる要素です。