共に戦う同志

青木宏之がブログで語っているビジネスマンとしての努力の一例に、時間を有効に使うための活動を行っているという点があります。一般に実用書でも言及されることの多い、朝活に挑戦しているという部分がその一例です。ブログ記事の中に、朝活についてのエントリーがある点は、読者に対して努力している様子を表現するとともに、自身の努力を公開することで手を抜けないようにしているという意味もあります。
努力するための情報を公開することで、青木宏之自身のためにも、読者のためにも、励みになる。それをわかっているからこそ、青木宏之は朝活に挑戦しているというようなちょっとした話題も、ブログ記事で情報としてエントリーしています。

貴重な朝の時間をどう使うかは、本人の自由意志です。その中で青木宏之は、どちらかと言えば自分の時間としてプライベートを充実させてから仕事に望んで、メリハリの有る生活を楽しもうとしている姿が伺えます。
ビジネスマンの多くが悩む運動不足問題を解消しようとするかのように、月曜日から土曜日まで毎日何かの運動を行うようにしていると言及している記事を見ると、運動したくても時間がないという言葉は間違っていて、実際には時間を作るか作らないかだということを思い知らされます。
できるビジネスマンは、やりたいことをできるようにするためにどうするかを考えているということも、青木宏之のブログからは見えてきます。ついうっかりだらけてしまいそうな朝の時間を刺激的な時間にできるように、音楽という視点から工夫している姿も綴られているため、朝活に挑戦しようと考えるビジネスマンはもちろん、時間を有効に使いたい人の刺激になる記事が読めます。
努力したくてもなかなかうまく行かないと感じるなら、青木宏之のブログを読むとよいでしょう。青木宏之が毎日頑張るために行っていることや、注目している考えを吸収できるため、ともに戦う同志から得られる刺激で一緒に頑張れるはずです。